デジタルな時代だからこそアナログ営業で繁盛する方法をお教えします!

皆さんこんにちは
感謝はがきプロデューサー長谷川よしかずです。

感謝はがきとは?

お客様に感謝の気持ちを伝えるはがきのことです。

お客様に「感謝ありがとう」のことば届けていますか?

 

「商品をお買い上げいただいたお客に感謝ハガキを出せば、お客は固定客になり、新しいお客を紹介してくださり、お客の数が増加していくその結果売り上げが上がり、業績が良くなるのである。」
ランチェスター経営 竹田陽一

沢山の競争相手の中で、自分の会社が選ばれるためには、他の会社よりお客様と人間関係をよくすることが必要です。
お客様との人間関係をよくするには面会、電話、はがきの三つの組み合わせを考え、お客様との出会いの回数を増やすことです。

 

そのうちでも、はがきの必要性は昔から言い古されてきたがその重要性は変わることはありません。

 

一度ご縁をいただいたお客様は

決して忘れてはいけない、

そして忘れられてもいけない。

 

これは経営の大原則です。

 

このためにも感謝はがきはとても重要ですが、しかしなかなかできないですよね。
「面倒だ」「時間がない」何を書けばいいのかわからない」「字が下手」などなどはがきを出さない理由を挙げればキリがないですよね。

 

でも大丈夫です。
ちょっととしたコツを学べばはがきをすぐに出せるようになります。

 

デジタルな時代だからこそ、アナログで人の温かみを感じられる「はがき」がお客様の心の琴線に触れるのです。

 

たった一人のお客様に送った「ことば」はそのメッセージに共感した人たちへ広まり、いつのまにか多くの人たちへ伝わっていくのです。

 

長谷川 よしかず(喜千)
〒444-2225 愛知県豊田市岩倉町平古82-2
電話 080-5152-2569
メール yoshikazu@hagaki-hasegawa.jp

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

著書紹介

「母さん ありがとう」
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.